脳とホルモン分泌を考える会

理事長 阿部琢巳 (南増尾クリニック院長)

ご挨拶

 脳とホルモン分泌を考える会の代表であり理事長の阿部琢巳です。
このたび、「脳とホルモン分泌を考える会」を発足致しました。本会は脳とホルモン分泌の関係を詳細に研究・検討し、脳疾患と内分泌学の発展に貢献することを目的としております。さらに内分泌学のみならず脳とホルモン分泌に関する他分野の研究者と交流を図り、医学の発展に貢献したいと考えております。
宜しくお願い申し上げます。以下、私とホルモンの関係に関して、少々、述べさせて頂きます。

 さて、私の専門分野は脳神経外科ですが、そのなかでも人間のホルモン分泌の中枢である脳下垂体に発生する下垂体腺腫をライフワークとして臨床及び研究に取り組んで参りました。脳下垂体とは重さが約700mg、大きさが7-8mmの非常に小さな脳組織ですが、ホルモン分泌の中枢であり、これがなければ生きていけないくらい重要な器官なのです。下垂体からは成長ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン・プロラクチン・卵胞刺激ホルモン・黄体刺激ホルモンなどが分泌され、体内のさまざまな臓器にはたらきかけホルモン分泌を促します。下垂体の一部の組織が腫瘍化したものが下垂体腺腫です。下垂体腺腫には腫瘍細胞がホルモンを過剰に分泌しホルモン過剰症状を出すタイプとホルモンを分泌せず視神経が腫瘍により圧迫され半盲などをだすタイプがあります。たとえば、成長ホルモンが多量に分泌されると巨人症や先端巨大症という病気になります。これらの病気にかかると身長が異常に伸びたり、顔貌が変化したり、手足の先端が大きくなったり、高血圧や糖尿病、さらに心臓も大きくなり心不全になったりします。また、癌にかかりやすくもなります。プロラクチンが多く分泌された場合は、生理不順になり、乳汁が分泌されたりし、女性不妊症の原因になります。甲状腺刺激ホルモンが過剰に分泌されると甲状腺が刺激され甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、いわゆるバセドウ病と同様に、手のふるえや動悸、痩せなど見られるようになります。このように下垂体腺腫の症状は脳腫瘍でありながら全身にホルモン過剰症状を引き起こす全身病なのです。これらの病気は難病(特定疾患)に指定され、手続きを踏めば医療費の控除を受けられます。

 下垂体腺腫の治療の原則は経鼻的腫瘍摘出術です。鼻の穴から顕微鏡や内視鏡を用いて腫瘍を取り除く手技です。脳下垂体は解剖学的に頭の真ん中の一番深いトルコ鞍という骨で囲まれた領域にあります。ここは鼻腔内からは最も近い場所なので、脳腫瘍といえども鼻の穴から摘出できるのです。私は、この手術の世界的権威であるドイツ・ハンブルグ大学のLuedecke教授(その当時)のもとに約2年間(1995年-1997年)留学し、この鼻腔内からの手術の技術を学びました。帰国後、この鼻の穴から行う手術を日本に普及させました。その当時、全国から多数の脳外科医がこの手術を見学するために私のもとを訪れました。また、手術中に血中の各ホルモンを測定するシステムを構築し、具体的には成長ホルモンとプロラクチンですが、腫瘍が全部摘出し得たかどうかを何となくではなく、ホルモン値から正確に判断できるようにしました。この技術を使えば、画像上、全部摘出できる可能性の高い腫瘍であれば、必ず、全摘出してきました。現在までに約1000例近いこの手術の経験があり、その手術成績の良さは高く評価されてきました。今までに本当に多くの下垂体腺腫の患者さんを紹介してもらい、治療に専念してきました。手術で完全に取り除くことができなかった成長ホルモンを過剰に分泌している下垂体腺腫に対して、ホルモンの過剰分泌を抑えるためにオクトレオタイドといわれる薬剤を定期的に注射し治療しています。成長ホルモンの分泌が少ない(成長ホルモン分泌不全症)患者さんには成長ホルモンを投与(自己注射)し、治療しています。このように手術後の患者さんの経過はきちんと管理してきました。

 私の学位(医学博士)の研究は、「ラット視床下部室傍核における心房性ナトリウム利尿ペプチド含有ニューロンの超微構造ならびに神経支配-免疫電顕的観察-」と題し、その当時、日本で発見され世界的に話題となった心房性ナトリウム利尿ペプチドが視床下部―下垂体系においてバソプレシン(尿量を抑制するホルモン)と結合し体の水分量の調節に関係していることを証明したものでした。研修医のころから人間のホルモン分泌、特にその中枢である脳下垂体に興味をもち研究を始めました。その後は、手術時に摘出した下垂体腺腫の組織を用いて、さまざまな分野の研究者たちとともに研究を進めました。病理学者と協力して下垂体腺腫の摘出組織の免疫染色や増殖率などを測定し、再発率との関係を導き出した研究や、遺伝子測定技術を応用した遺伝子診断、なかでも薬学部の研究者たちと共同研究した「ヒト下垂体腫瘍におけるプロラクチン放出ペプチド受容体発現の解析」は、非常に高く評価され文部科学省より科研費や他の高額な研究費も頂きました。下垂体腫瘍のMRIによる鑑別診断や画像解析装置を用いた再発率に関する研究など、画期的な数多くの業績を残して参りました。このように私の人生において、内分泌学、とりわけホルモン分泌の研究・臨床はかけがえのない存在なのです。

 私は、上記のような経験を踏まえ、日本間脳下垂体腫瘍学会の理事、日本内分泌学会の評議員、日本神経内視鏡学会の理事など務めております。学会での発表や論文業績も多数あります(別紙参照)。学会や製薬会社主催の学術講演会や市民公開講座などで多数回講演してきました。また、海外からの講演依頼もあり、講演してきました。私は、この分野では国内外問わず日本の第一人者であると自負しております。また、甲状腺で有名な表参道にあります伊藤病院に事務局をおくアジア環太平洋内分泌会議の理事も務め、下垂体のみならず、甲状腺、乳腺、婦人科系、泌尿器科系を専門とする先生方とも深く交流を持っております。
このたび、手術を行う脳外科医としての一線を退くことを決意し、その闘志や志をこの研究会の運営・発展に生かすことにしました。関係分野の先生方、ホルモン関係の薬剤を扱う製薬会社の方々、内分泌学や脳疾患に興味をもつ他分野の方々、時には、これらの病気に苦しむ患者さんや患者さん家族などを交えて講演会や勉強会を開催し、医学の発展に貢献し、病気に立ち向かっていきたいと考えております。
ご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。

会則

第1章 総則
第1条 本会は脳とホルモン分泌を考える会 (The Society for Brain and Hormone-secretion)と称する
第2条 本会の事務局を東京都港区新橋6-6-8-1002に置く
第2章 目的および事業
第3条 本会は脳とホルモン分泌の関係を詳細に研究・検討し、脳疾患と内分泌学の発展に貢献することを目的とする
第4条 本会は内分泌学のみならず脳とホルモン分泌に関する他分野の研究者と交流を図り、医学の発展に貢献することを目的とする
第5条 本会は脳とホルモン分泌に関係するさまざまな分野の研究者と親睦を図り、前条の目的を達成するために次の事業を行う
(1) 学術集会の開催:年に数回
(2) 研究活動の推進
(3) そのほか、本会の目的達成に必要な事業
第3章 会員
第6条 本会の会員は、本会の目的に賛同し、脳とホルモン分泌に関する研究や実績を行う個人であれば特定の資格は求めないものとする
第4章 役員 
第7条 本会には次の役員をおく
理事長 阿部琢巳 南増尾クリニック院長 医学博士 専門は脳神経外科学、特にホルモンの中枢である脳下垂体に発生する腫瘍
理事 数名
会計監事 1名
第8条 理事長は理事会を組織し、日常の会務および緊急事項を処理する
第9条 役員は次の業務を行う
(1) 理事長は本会を代表し会務を総括する
(2) 理事は理事会を組織し、日常の会務および緊急事項を処理する
(3) 会計監事は本会の会務および会計、資産を監査する
(4) アンチエイジングに必要なサプリメントなどの販売
第5章 理事会
第10条 理事会は理事長の招集により年に数回行う
ただし、理事の過半数から請求があった場合は、理事長は理事会を開催しなければならない
理事会は役員の半数以上の出席(含委任状)がなければ会議を開き議決することはできない
第6章 学術集会
第11条 学術集会は年数回開催する
第12条 理事長は学術集会を主催し、その運営等に関し企画委員会を組織する
第7章 会計・会費
第13条 本会の会員になるための会費は徴取しない
学術集会開催時に必要に応じて参加費を徴取する場合がある
第8章 会則の変更
第14条 本会の会則を変更する場合は、理事会の議を得て、その承認を得なければならない

*附則 本会則は2017年3月3日より施行する

役員

理事長  阿部 琢巳   南増尾クリニック

理事   川内章裕    池袋病院

理事   泉山 仁    青葉さわい病院

理事   伊藤 公一   伊藤病院

理事   白石 一也   誠和クリニック

理事  東條克能     東京慈恵医科大学柏病院

会計監査 大山口 菜都美 秀明大学

powered by crayon(クレヨン)